じじいの時事ネタ速報

多岐にわたる情報を簡潔かつ分かりやすくしたまとめサイトです。

驚き


広瀬 すず(ひろせ すず、1998年〈平成10年〉6月19日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。静岡県清水市(現・静岡市清水区)出身。フォスタープラス所属。 実姉は女優でファッションモデルの広瀬アリス。 姉のアリスが専属モデルをつとめていた雑誌である『Seventeen』のイベントに母と来…
139キロバイト (17,648 語) - 2024年4月3日 (水) 06:22
広瀬すずのキックボクシングの実力、マジでヤバい!普段から鍛えてるのかしら?めちゃくちゃビックリだよね。

1 フォーエバー ★ :2024/04/07(日) 13:55:08.15 ID:aehZTZV19
4/7(日) 9:29配信


イーファイト
強すぎる広瀬すず、20年公開の映画「一度*でみた」ではボディからハイキックでプロレスラーをKOしている。(同映画の会見にて)

 4月7日放送の「日曜日の初耳学」(MBS・TBS系22時~)で女優の広瀬すず(25)vs川口春奈(29)のキックボクシング対決が公開される。
 2人は都内にある同じキックボクシングのジムに通うが、予告動画では広瀬が「出会って2回目でスパーリングしてボコボコにしました」と言い、川口は「軽くねって言ったのに、スタートした瞬間、目の色変えて怖って思った」と語った。 

【フォト&動画】広瀬がミニスカでハイキック!プロレスラーをKO! 

 広瀬はボコボコにした川口が半泣きだったとも語った。そして「ごめん、でもこれは戦いだから」と謝ったという。

 さらに広瀬は「キックボクシングの先輩だからちょっと遠慮なく。(川口は)パワーもガッツもある。突進してくると怖いのでやられる前にやらないと」とマジになった理由を語った。

 そのスパーリングについて広瀬は「すごく面白かった」と語り、その模様を動画で撮っていて、いまだに寝る前に見返すという。また「はーちゃんが情けない顔をしている瞬間が多くて」と語った。

 その動画が今回放送される。なお、昨年11月の別番組で川口は、広瀬にスパーリングでやられてしまったことを告白していたが、その後呑みに行き「お酒でも強すぎて勝てなかった」と語っていた。

 数年前から広瀬のキックボクシングのセンスは那須川天心もSNSで認めたほど。20年公開の映画「一度*でみた」ではボディからハイキックでプロレスラー本間朋晃をKOしている。キックボクシング歴7年、今夜は演技ではなく、マジな広瀬の姿が明らかになる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/41bff42b6deadc2b0ac919a3b94b72d53997f453

【ボコボコにされた川口春奈が激怒!広瀬すずの強さに挑戦状?】の続きを読む


立川 晴の輔(たてかわ はれすけ、1972年(昭和47年)11月21日 - )は、兵庫県神戸市生まれ落語家である。落語立川流・立川の輔門下真打である。出囃子は「ハレルヤ」(ヘンデル「メサイア」より)。 1972年(昭和47年)兵庫県神戸市生まれ。幼少期は神奈川県藤沢市で過ごし、高校時代は岡山県津山市で過ごす。…
8キロバイト (1,091 語) - 2024年4月7日 (日) 14:01

(出典 t.livepocket.jp)


SNSで見たら、なんと立川晴の輔さんの年齢にビックリ!若々しい笑いが笑点に加わると、ますます盛り上がりそうだね。

1 jinjin ★ :2024/04/07(日) 19:52:17.08 ID:3oEnJMPD9
「笑点」新メンバー立川晴の輔 年齢にSNS驚き「若すぎなんだけど!?」「30代くらいかと」


日本テレビ系演芸番組「笑点」(日曜後5・30)の大喜利新メンバーに決まった落語家の立川晴の輔(たてかわ・はれのすけ、51)が、7日放送の同番組で初出演した。
発表を受け、SNSにはさまざまな反響があった。

3月31日の放送で勇退した林家木久扇に導かれて登場した晴の輔。
自分で書いたという巨大ボードで自身のプロフィルを紹介した。

司会の春風亭昇太からは、「志の輔の話になるとほっぺがこわばる」といきなりいじられたが、「朗らかな一門でございます」とかわした。

しかし、昇太から「師弟関係はラフな感じ?」と問われると、「師弟関係にラフってあるんですか?」と真顔で答えた。それでも「師匠に憧れて、師匠になりたくて入りました」と師匠への思いを明かしていた。

大喜利の新メンバーは国民的な関心事。SNSには「晴の輔さん」「笑点新メンバー」などがトレンド上位に上がった。


晴の輔は若手大喜利で活躍してきた実績がある。
SNSには「志の輔さんのお弟子さんだからかなり頭脳明晰でしょうね!」「若手大喜利からの昇格で実力もあるので大変良い人選かと」「談志が作った笑点だもの」などと、歓迎の声が多数上がった。


51歳とは思えない肌つやの良さと、フレッシュな笑顔で初の大喜利に臨んだ晴の輔。

プロフィル紹介では、妻と大学院生の長男、大学生の長女がいると家族構成を説明し、「一応2人とも成人したという…」と明かした。SNSには「晴の輔さん51なの?若い!」「晴の輔さん若すぎなんだけど!?51?!」「30代くらいかと思ったわ」「年齢より若く見える 成人してるお子さん2人もいるようにみえない」「大学院生&大学生の子供がいるとは知らんかったなあー」と、その若さに驚く声も多かった。

ファンの間では林家つる子、蝶花楼桃花ら女流落語家の名前も候補として挙がっていた。またしてもお預けとなり、「なかなか女流落語家が食い込めないねえ」「笑点こそ新メンバー女の人入れないと」「小はる師匠も桃花師匠もつる子師匠もいるしとは思うけどなー」といった意見もあった。


落語立川流のレギュラーメンバーは、初代司会者・立川談志以来さん以来55年ぶり。大喜利回答者のレギュラーに加わるのは史上初となる。

晴の輔がレギュラーメンバーになったことで、「笑点」メンバーは、東京・江戸落語界に分かれている4団体、落語協会、落語芸術協会、落語立川流(立川流)、五代目円楽一門会(円楽党)すべての落語家がそろう「笑点」史上初めてのメンバー構成となった。

晴の輔は兵庫県生まれ。東京農業大学在学中に落語研究会に所属し、卒業後の97年に立川志の輔に入門。「立川志の吉」を拝名する。
03年に二ツ目に昇進し、08年には東西若手落語家コンペティショングランドチャンピオンになった。13年に真打に昇進。「志の吉」から「晴の輔」へ改名した。


https://news.yahoo.co.jp/articles/c21e7ba9c81b959fdee2d0d572f5dce4718b7cc5



【「笑点」新メンバー立川晴の輔、年齢に驚きの声続出!SNS上での反応は?】の続きを読む


立川 晴の輔(たてかわ はれすけ、1972年(昭和47年)11月21日 - )は、兵庫県神戸市生まれ落語家である。落語立川流・立川の輔門下真打である。出囃子は「ハレルヤ」(ヘンデル「メサイア」より)。 1972年(昭和47年)兵庫県神戸市生まれ。幼少期は神奈川県藤沢市で過ごし、高校時代は岡山県津山市で過ごす。…
8キロバイト (1,091 語) - 2024年4月7日 (日) 14:01
SNSで見たら、なんと立川晴の輔さんの年齢にビックリ!若々しい笑いが笑点に加わると、ますます盛り上がりそうだね。

1 jinjin ★ :2024/04/07(日) 19:52:17.08 ID:3oEnJMPD9
「笑点」新メンバー立川晴の輔 年齢にSNS驚き「若すぎなんだけど!?」「30代くらいかと」


日本テレビ系演芸番組「笑点」(日曜後5・30)の大喜利新メンバーに決まった落語家の立川晴の輔(たてかわ・はれのすけ、51)が、7日放送の同番組で初出演した。
発表を受け、SNSにはさまざまな反響があった。

3月31日の放送で勇退した林家木久扇に導かれて登場した晴の輔。
自分で書いたという巨大ボードで自身のプロフィルを紹介した。

司会の春風亭昇太からは、「志の輔の話になるとほっぺがこわばる」といきなりいじられたが、「朗らかな一門でございます」とかわした。

しかし、昇太から「師弟関係はラフな感じ?」と問われると、「師弟関係にラフってあるんですか?」と真顔で答えた。それでも「師匠に憧れて、師匠になりたくて入りました」と師匠への思いを明かしていた。

大喜利の新メンバーは国民的な関心事。SNSには「晴の輔さん」「笑点新メンバー」などがトレンド上位に上がった。


晴の輔は若手大喜利で活躍してきた実績がある。
SNSには「志の輔さんのお弟子さんだからかなり頭脳明晰でしょうね!」「若手大喜利からの昇格で実力もあるので大変良い人選かと」「談志が作った笑点だもの」などと、歓迎の声が多数上がった。


51歳とは思えない肌つやの良さと、フレッシュな笑顔で初の大喜利に臨んだ晴の輔。

プロフィル紹介では、妻と大学院生の長男、大学生の長女がいると家族構成を説明し、「一応2人とも成人したという…」と明かした。SNSには「晴の輔さん51なの?若い!」「晴の輔さん若すぎなんだけど!?51?!」「30代くらいかと思ったわ」「年齢より若く見える 成人してるお子さん2人もいるようにみえない」「大学院生&大学生の子供がいるとは知らんかったなあー」と、その若さに驚く声も多かった。

ファンの間では林家つる子、蝶花楼桃花ら女流落語家の名前も候補として挙がっていた。またしてもお預けとなり、「なかなか女流落語家が食い込めないねえ」「笑点こそ新メンバー女の人入れないと」「小はる師匠も桃花師匠もつる子師匠もいるしとは思うけどなー」といった意見もあった。


落語立川流のレギュラーメンバーは、初代司会者・立川談志以来さん以来55年ぶり。大喜利回答者のレギュラーに加わるのは史上初となる。

晴の輔がレギュラーメンバーになったことで、「笑点」メンバーは、東京・江戸落語界に分かれている4団体、落語協会、落語芸術協会、落語立川流(立川流)、五代目円楽一門会(円楽党)すべての落語家がそろう「笑点」史上初めてのメンバー構成となった。

晴の輔は兵庫県生まれ。東京農業大学在学中に落語研究会に所属し、卒業後の97年に立川志の輔に入門。「立川志の吉」を拝名する。
03年に二ツ目に昇進し、08年には東西若手落語家コンペティショングランドチャンピオンになった。13年に真打に昇進。「志の吉」から「晴の輔」へ改名した。


https://news.yahoo.co.jp/articles/c21e7ba9c81b959fdee2d0d572f5dce4718b7cc5



【「笑点」新メンバー立川晴の輔、年齢に驚きの声続出!SNS上での反応は?】の続きを読む

このページのトップヘ