じじいの時事ネタ速報

多岐にわたる情報を簡潔かつ分かりやすくしたまとめサイトです。

追悼


真島 茂樹(まじま しげき、1947年〈昭和22年〉3月22日 - 2024年〈令和6年〉5月22日)は、日本のダンサー、振付師、歌手。栃木県宇都宮市出身。三喜プロモーション所属。独身。 デビュー当時の芸名は真島茂“夫”だったが、1977年に真島茂“樹”に改名。愛称は「マジー」または「マジ」。 私立東京商業高等学校卒業後の1972年に…
8キロバイト (784 語) - 2024年5月23日 (木) 05:52
マツケンサンバ2の振り付けは非常に有名で多くの人々に愛されていました。彼のご冥福を心よりお祈り申し上げます。本当に悲しいニュースです。

1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2024/05/23(木) 12:03:57.11 ID:dy48yz+g9
2024年5月23日11時40分

松平健のヒット曲「マツケンサンバ2」の振り付けを担当した振付師でダンサーの真島茂樹(まじま・しげき)さんが22日に亡くなったことが23日、分かった。77歳だった。死因などは現在のところ不明で、通夜・告別式なども未定。

関係者などによると、22日に都内の自宅を訪ねた知人が、真島さんが倒れているところを発見。病院に緊急搬送されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。

真島さんは、高校卒業後、1972年に「日劇ダンシングチーム」入団。トップダンサーとして活躍したが、劇場が閉館するとともに、チームは解散。その後、ダンス講師やミュージカル等に出演し活躍する。2004年に振り付けを担当した「マツケンサンバII」がヒットすると、松平とともに人気者になった。

真島さんは、最近まで元気に松平のコンサートなに出演していた。今月8日には、関係者と誕生日会を開いていたという。25日には、京都で開催される「マツケンサンバコンサート2024」にゲスト出演する予定だった。

◆真島茂樹(まじま・しげき)。1947年3月22日、栃木県宇都宮市生まれ。中学卒業後に上京、高校に通いながら東宝芸能学校舞踏科でクラシックバレエ、声楽などを学ぶ。卒業後に日劇ダンシングチーム入団、異例の早さでトップダンサーに。主な舞台出演「ラ・カージュ・オ・フォール」「王様と私」「屋根の上のヴァイオリン弾き」。主な振付「マツケンサンバ2」「プリキュア(映画)」「ドラえもん音頭」。

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202405230000270.html

【「マツケンサンバ2」の振り付けを手掛けた真島茂樹さん、77歳で急逝】の続きを読む


nee」として活動していたが、2020年4月14日に大文字の「NEE」へと改名。改名理由は「占い的に大文字の方が良かったから」。 上京後、ネット上の掲示板で出会ったくぅと大樹により結成された。その後、くぅが友人と共にライブハウスに行った際、バーカウンターで働いていたかほをくぅ
27キロバイト (2,350 語) - 2024年5月20日 (月) 09:48

(出典 mashup-kabukicho.com)



(出典 beauty.biglobe.ne.jp)


あまりにも若くしてこの世を去ってしまったことが、本当に胸が痛みます。心からご冥福をお祈り申し上げます。

1 Anonymous ★ :2024/05/20(月) 14:16:40.38 ID:pRUseX8l9
https://news.yahoo.co.jp/articles/ec236d6f3f14588b7032ba9d7f95ee8f2820a668

4人組バンド、NEEのギター&ボーカル、くぅさんが12日に亡くなったことが20日、同バンドの公式サイトで発表された。25歳だった。

サイトでは「いつもNEEを応援してくださっている皆様に謹んでご報告いたします。NEEのギター/ボーカルくぅが、5月12日に永眠致しました。享年25歳。なお、葬儀につきましては、ご遺族の意向により親族とメンバーのみで執り行われました」と報告。「くぅに対する生前のご厚情に心より感謝申し上げますとともに、皆様と心からご冥福をお祈りしたいと思います。報道関係の皆様におかれましては、ご家族、ご親族、メンバーの深い悲しみにご配慮いただき、関係者への取材などはご遠慮くださいますよう、心よりお願い申し上げます」と伝えた。

親族のコメントも発表され、「公式からありましたお知らせの通り蔵馬が5月12日、都内の病院にて永眠いたしました。蔵馬を見つけ、蔵馬を愛し、蔵馬を応援してくださった全ての皆様、本人に代わり心より感謝申し上げます。ありがとうございます。小さな頃から音楽が大好きで音楽しかしてこなかった蔵馬が、田舎を飛び出して世界に自分の音を響かせることが出来たのは、何よりも支えてくださったファンの皆様のおかげです。これからも蔵馬の作った音が誰かの背中を押したり、誰かに寄り添っていけることを親族一同願っていますし、そうあれたら蔵馬本人も幸せだと思います。このような形になってしまいましたが、蔵馬は最期まで懸命に生きようとしていました。きっと本人が一番悔しがってると思います。これからも皆様にとっての蔵馬と、彼の残したものを大切にしていただけるととても嬉しいです」と伝えられた。

同バンドは2021年にメジャーデビュー。音楽フェスに多数出演するなど人気を集めている。今月に予定された直近の公演はくぅさんの体調不良を理由に中止や出演キャンセルが発表されていた。今後、6月23日に開催予定だった東京・日比谷野外音楽堂での公演などを中止するという。

【ネット上で驚きと悲しみ広がる…「NEE」くぅさんの突然の死去にファンが涙】の続きを読む


企画のリポーター役を担当したシンガーソングライター、嘉門達夫は、音楽的にキダタローの影響を大きく受けていると言う。 ^ a b c d e f g h i j k l m キダタロー(インタビュアー:中本裕己)「【キダタロー】浪花のモーツァルト 大好きなのはショパン」『zakzak』、産経デジタル、2010年12月15日。…
52キロバイト (6,679 語) - 2024年5月16日 (木) 11:05

(出典 www.zakzak.co.jp)


とても悲しいニュースですね。キダタローさんの多大な功績は、多くの人々に愛され続けました。心よりお悔やみ申し上げます。

1 警備員[Lv.7][新苗] (アウグロ MM47-87Rd) :2024/05/15(水) 23:12:22.90 ID:dxsfNI7/M BE:462275543-2BP(1217)
sssp://img.5ch.net/ico/asuka_face.gif
「浪花のモーツァルト」として親しまれた作曲家でタレントのキダ・タローさんが14日、死去した。93歳。兵庫県出身。葬儀・告別式は近親者で行われた。所属事務所の公式サイトで発表された。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2024/05/15/kiji/20240515s00041000681000c.html

【キダタロー先生の訃報に驚きと悲しみ広がる】の続きを読む

このページのトップヘ