じじいの時事ネタ速報

多岐にわたる情報を簡潔かつ分かりやすくしたまとめサイトです。

演技力


"1/8スタートの土曜ドラマ【おいハンサム!!】の第2話に伊藤家の三女(武田玲奈さん演じる)美香の幼少期役で出演させて頂きます!". X(旧Twitter)より2022年1月23日閲覧。 ^ ヒラタオフィス|共田すずプロフィール|東海テレビ×CX『おいハンサム』 第1話 小学生の美香役(2022年)…
43キロバイト (4,474 語) - 2024年4月6日 (土) 15:20

(出典 nlab.itmedia.co.jp)


初めて土ドラをチェックしたけど、おいハンサム!2★1!超ウケる!キャストの演技、神業ですわ!

1 名無しでいいとも! :2024/04/06(土) 22:48:22.94 ID:P7jFAqvl0
恋と家族とゴハンをめぐるあのハイブリッドで見たことのないあの伝説のホームドラマが帰ってくる!!!
伊藤源太郎・・・吉田鋼太郎 
伊藤由香・・・木南晴夏 
伊藤里香・・・佐久間由衣 
伊藤美香・・・武田玲奈 
伊藤千鶴・・・MEGUMI 
大森・・・浜野謙太 
渡辺・・・太田莉菜 
シイナ・・・野波麻帆 
ミチル・・・藤田朋子 
橋本・・・ふせえり

【「キャストやストーリーに注目!土ドラ『おいハンサム!!2★1』の見どころとは?」】の続きを読む


橋爪 (はしづめ じゅん、1960年10月13日 - )は、日本の俳優。東京都出身。東宝芸能所属。日本大学藝術学部映画学科卒業。 1982年、劇場映画『海峡』で俳優デビュー。1983年、美空ひばり舞台20周年記念ミュージカル『水仙の詩』の相手役新人オーディションで抜擢される。 1987年、『若大将天下ご免…
22キロバイト (2,792 語) - 2024年4月4日 (木) 02:15

(出典 blog.factory900.jp)


橋爪淳さんの大河ドラマでの演技は素晴らしく、今度は現実の闘病生活に立ち向かっている姿が注目されていますね。役柄とはまったく違う真実の姿を見せてくれることに、ファンとして感謝の気持ちでいっぱいです。

1 朝一から閉店までφ ★ :2024/04/03(水) 17:10:05.12 ID:NN0A3EMZ9
2024.04.03
 俳優の橋爪淳が3日、Xを更新。大河ドラマ「光る君へ」への出演が終了したことから、大腸がんであったことを公表した。
 橋爪は「大河ドラマ、応援ありがとうございました。出番が終わりましたので私の病についてお話させてください」と切り出し、「2月のはじめにかかりつけの病院で初めて大腸の内視鏡の検査を受けたところ、大腸に5センチ程のガンが見つかりました」と報告した。
 「病院嫌いの私でしたが、以前から懇意にさせて頂いている東京大学医学部附属病院の中川恵一先生に相談したところ、すぐに最高の医療チームを組んでくださり命を繋いで頂きました。只今リハビリ中です」と無事に治療を終え、リハビリ中であることも報告した。
 「急な入院でご迷惑、ご心配をお掛けした皆様、本当に申し訳ありませんでした」と詫び、「このガンで老いや死と向き合ういい時間を頂けました。一日一日に感謝してこれからの人生を全うしたいと思います」との思いもつづった。
 橋爪はNHK大河ドラマ「光る君へ」で、藤原兼家のライバル・藤原頼忠を好演。兼家の圧に押され、陰の薄い名ばかりの関白に。その後、亡くなり、兼家が悲願の関白となる。

https://www.daily.co.jp/gossip/2024/04/03/0017502762.shtml

【橋爪淳、大腸がんを告白 大河ドラマ終了後は病気について語る】の続きを読む


不適切にもほどがある!』(ふてきせつにもほどがある!)は、2024年(令和6年)1月26日から3月29日までTBS系「金曜ドラマ」枠で放送されたテレビドラマ。主演は阿部サダヲ。略称は『ふてほど』。 宮藤官九郎の脚本によるオリジナル作品。阿部と宮藤主演と脚本でコンビを組む民放ドラマは今作初となる。…
81キロバイト (11,383 語) - 2024年3月30日 (土) 12:49

no title


阿部サダヲさんの演技、ヤバかったっす!もし続編があるなら、また彼の演技を見たいッス!めっちゃ楽しみッス!

1 冬月記者 ★ :2024/03/30(土) 19:54:35.67 ID:ZfpHZMlK9
https://news.yahoo.co.jp/articles/ebea12ddd9b0e146fbe437d314f31e73336d9c24

「ふてほど」最終回 続編希望の声続出!阿部サダヲも期待 P回答は?令和の佐高くん→老年・井上まさか

 金曜ドラマ「不適切にもほどがある!」最終回(第10話)。ついに“トイレの穴”タイムトンネルの謎が判明…小川市郎(阿部サダヲ)が出くわした“謎の男”(小野武彦・左)は…(C)TBS

 俳優の阿部サダヲ(53)が主演を務め、1月クール最大の話題作となったTBS金曜ドラマ「不適切にもほどがある!」(金曜後10・00)は29日、15分拡大で最終回(第10話)を迎え、完結した。

 オンエア終了とともに、SNS上にはドラマ終了を惜しむ声や感謝の声、続編やスピンオフ熱望の声などが相次ぎ、瞬く間に「ふてほどロス」一色に。

 オンエア終了後には「#不適切にもほどがある」が「X(旧ツイッター)」の世界トレンド1位に輝くなど、大反響を呼び、有終の美を飾った。続編やスピンオフの可能性はあるのか?


 <※以下、ネタバレ有>



 宮藤官九郎氏がオリジナル脚本を手掛けたヒュー*メディー。「池袋ウエストゲートパーク」「木更津キャッツアイ」の宮藤氏&阿部&磯山晶プロデューサーが「タイガー&ドラゴン」以来19年ぶりにタッグを組んだ。

 主人公は1986年(昭和61年)から2024年(令和6年)にタイムスリップしてしまった“昭和のダメおやじ”体育教師の小川市郎。彼の“不適切”な言動がコンプライアンスで縛られた令和の人々に考えるヒントを与えた。

 毎回、昭和と令和のギャップなどを小ネタにして爆笑を誘いながら、「多様性」「働き方改革」「セクハラ」「既読スルー」「ルッキズム」「不倫」「分類」、そして最終回は「寛容」と社会的なテーマをミュージカルシーンに昇華。コンプライアンス社会に一石を投じる宮藤氏の意欲的な筆が冴え渡り、インターネット上で大反響を巻き起こした。

 最終回は「アップデートしなきゃダメですか?」。タイムマシンの運行は残り1往復分。犬島渚(仲里依紗)を連れ、小川市郎(阿部サダヲ)は令和に別れを告げ、ついに昭和に帰った。ハラスメント休職中の渚は、小川純子(河合優実)と再会。元気を取り戻し、向坂キヨシ(坂元愛登)とともに令和に戻った。

中略


 SNS上には「Season2でもSPでも劇場版でも何でもいいから続編切望」「是非、2054年バージョンの続編求む」「タイムトラベルができるようになったことで、続編の可能性も広がったのでは」「続編はかなりハードルが高そうだけど、スピンオフはかなりネタが転がっているよね」「このまま終わらせて、2人の運命を永遠に考察・議論していくのも、また良しかと」などの声が続出した。

 主演の阿部サダヲはクランクアップに際し、同局を通じて「また皆さんとお会いしたいですし、もし続きがあったら楽しみだな…と思っています!」とコメント。期待や意欲を示した。

 磯山プロデューサーは続編やスピンオフの可能性について、スポニチアネックスの取材に「素晴らしいアイデアがあれば、やぶさかではないんですけど。宮藤さんとも話をしたんですが、これなら!というものが見つかっていません。設定を考え始めると、これがなかなか難しくて、沼にハマってしまうんですよね(笑)」と明かしている。

【『不適切にもほどがある!』続編希望の声絶えず!阿部サダヲも期待するその理由とは?】の続きを読む

このページのトップヘ