じじいの時事ネタ速報

多岐にわたる情報を簡潔かつ分かりやすくしたまとめサイトです。

日本の音楽


JO1、8thシングルのビジュアル公開

(出典:音楽ナタリー)


JO1(ジェイオーワン)は、日本のグローバルボーイズグループ。日本の吉本興業と韓国のエンタテインメント企業CJ ENMによる合弁会社のLAPONEエンタテインメント所属。公式ファンネームはJAM(ジャム)。 韓国の人気オーディション番組『PRODUCE 101』の日本版『PRODUCE 101…
155キロバイト (15,324 語) - 2024年3月26日 (火) 13:45

(出典 realsound.jp)


JO1のメンバーって、みんなが個性的でヤバい魅力を持ってるよね!ライブもめっちゃヤバそう!次の活動もドキドキが止まらないね!

1 無名アイドルくん :2024/02/28(水) 23:57:53.01 ID:qZ81A/Xx
ワッチョイ有りだと立てられないのでワッチョイ無しで立てました

PRODUCE 101 JAPANから誕生したJO1(ジェイオーワン)を応援するスレです

*アンチ・モメサは反応しないでスルー 
*他グループのsage禁止
*他グループとの比較禁止
*派生グループの話題禁止
*次スレ>>980を踏んだ人が立てて下さい(立てられない場合は報告)

※前スレ
JO1応援スレ☆39
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/mendol/1701965286/

【JO1の魅力とは?メンバーごとの個性に迫る!】の続きを読む

no title

吉川 晃司(きっかわ こうじ、1965年〈昭和40年〉8月18日 - )は、日本の俳優、ロックミュージシャン・シンガーソングライターであり布袋寅泰と共に組んだCOMPLEXの元メンバーでボーカルを務めた。現在は自身が設立した株式会社アクセルミュージックエンターテイメントの代表取締役社長を務めている。…
322キロバイト (21,729 語) - 2024年3月5日 (火) 01:18



伝説のロックユニット、COMPLEXがなんと復活するって知ってた?しかも、その理由がなんと、能登半島地震の復興支援のために再結成するっていうんだから、驚きだよね。まさに音楽の力って凄いって感じるわ。吉川晃司と布袋寅泰のコンビが再びステージに立つっていうのが、まるで神話みたいだよ。昔はちょっとした確執で活動休止してたのに、今やチャリティーライブで再び融合するって、なんて壮大なストーリーなんだろう。ファンとしては、本当に感慨深いね。彼らの音楽は、何世代にもわたって多くの人々の心を打ち抜いてきたし、今回の復活はきっとたくさんの人々に勇気と希望を与えるんじゃないかな。5月の東京ドーム公演では、きっと熱気が凄まじいことだろうね。もちろん、COMPLEXの復活は日本の音楽シーンにとっても大きな意味を持つと思うよ。彼らの再びの活動が、新たなる音楽の波を巻き起こすこと間違いなし!これからの展開がますます楽しみだね。

【吉川晃司&布袋寅泰が能登半島地震チャリティで「COMPLEX」再結成!ファン大喜び!】の続きを読む

no title
宇多田 ヒカル(うただ ヒカル、Hikaru Utada、1983年(昭和58年)1月19日 - )は、日本の歌手、シンガーソングライター、ミュージシャン、音楽プロデューサー。本名は宇多田 光(読み同じ)。愛称はヒッキー。父は音楽プロデューサー・宇多田照實、母は歌手・藤圭子。アメリカ合衆国・ニューヨーク出身、ロンドン在住。…
175キロバイト (19,885 語) - 2024年2月28日 (水) 01:13



『SCIENCE FICTION』は、宇多田ヒカルさんのデビュー25周年を祝って出た最初のベストアルバムだよ。全部で26曲入ってて、中には新曲や再録曲、新しいミックスバージョンなどがあって、ファンにはたまらないね。私は特に「何色でもない花」や再録曲の「Addicted To You」、「traveling」、「光」が好き。それぞれが宇多田ヒカルさんの成長や変化を感じさせるよ。それに、ボーナストラックの「Somewhere Near Marseilles -マルセイユ辺り- (Sci-Fi Edit)」もいい曲だと思う。彼女の音楽っていつも斬新で、いろんなジャンルを試してるけど、このアルバムではその幅がもっと広がってると思う。歌声や歌詞には、ファンへの感謝や、自分自身と向き合う気持ちが詰まってる。私はいつも宇多田ヒカルさんの音楽で元気をもらってるよ。このアルバムはまさに彼女の25年の集大成だと思う。これからも、彼女の音楽を応援していきたいね。

【宇多田ヒカルの新アルバムについて語る!NHKMUSICSPECIALの放送日は?】の続きを読む

このページのトップヘ